斉天大聖孫悟空

斉天大聖孫悟空

(せいてんたいせいそんごくう)

<<2017年1月の作品>>

「日本通運(株)青森支店ねぶた実行委員会」にて出陣

孫悟空は中国の古典小説「西遊記」の主人公である。 生きとし生ける物の生死に悲観し、不老不死を願い仙術を身につけて行く孫悟空は自らを斉天大聖と号し天界で大暴れするが、乱暴が過ぎて、お釈迦様に五行山の岩の下に閉じ込められてしまう。 それから五百年後。天竺にありがたいお経を取りに行く旅の途中の三蔵法師に助けられ、孫悟空は三蔵の弟子となり、取経の旅のお供をすることとなる。途中、豚の化物 猪八戒や河童の沙悟浄らを供に加え、一行は遥か遠く天竺を目指すが、旅の先には様々な困難や恐ろしい妖怪たちが立ちはだかる。一行はそれらを次々に乗り越え、やっと無事天竺に辿りつくのである。 ねぶたはその旅の途中、返事をすると吸い込まれてしまう不思議なひょうたんを持つ妖怪金角・銀角大王と孫悟空が格闘する一場面である。
 
火天 水天

火天 水天

(かてん すいてん)

<<2015年10月の作品>>

火天 水天を自分なりにアレンジして描いてみました。
 
韋駄天

韋駄天

(いだてん)

<<2015年10月の作品>>

舎利を持って逃げる鬼と韋駄天です。
 
天の岩戸

天の岩戸

(あまのいわと)

<<2015年11月の作品>>

タチカラオのミコトと天照大神です。
 
許可なく掲載画像の無断複写・転載を禁じます。