ねぶた天気

コメント

  1. 春風 さわやか 2020年7月11日 at 8:45 PM

    ねぶた天気で記憶がよみがえりました、昭和62年の祭は8月3日から6日の4日間は雨模様で寒かった事、半纏の下に鯉口シャツを着込んでも寒く、囃子の太鼓をたたく事で幾らか暖まり、観光客はねぶた絵柄のバスタオルを売り子さんから買い求めて身体に巻き付けていましたね、ねぶた天気で納得です

  2. 晴風さわやか 2020年7月11日 at 8:57 PM

    ねぶた天気で記憶がよみがえりました、昭和62年は8月4日から6日の4日間は雨模様でビニールシート掛けに苦労した事、半纏の下に鯉口シャツを着込んでも寒く、囃子の太鼓を叩くことで、少しは温かくなったし、観光客の方々もねぶた絵柄のバスタオルを売り子さんから買い求め身体に巻き付けていましたね、ねぶた天気最高です。

  3. 晴風さわやか 2020年7月11日 at 8:59 PM

    ごめん、最初でしたので二度コメントを掲載してしまいました。

春風 さわやか へ返信する コメントをキャンセル